iPS細胞由来神経細胞

iPS細胞由来神経細胞の研究

MaxOneとMaxTwo は人工多能性幹細胞(iPS細胞)由来神経細胞の長期ラベルフリーの分析に最適です。

  • 単一培養および共培養(例えばアストロサイトと共に)
  • 疾患モデル細胞
  • スフェロイドとオルガノイド

このようなことができます

発生過程における細胞機能を評価します
複数の日程に渡って細胞培養活動を追跡し、電気的活動に基づきiPS細胞培養の高解像度活動マップを取得します

*細胞由来ドーパミン作動性神経細胞からのデータ

MaxOneとMaxTwoは神経細胞活動を記録し全サンプルのラベルフリー電気的イメージングを可能にします。細胞外活動電位(EAP)マップは次の情報を取得します:

  • 自発的活性細胞の位置情報
  • EAP振幅
  • スパイクレート

ネットワークの結合性と同調性の特徴を明らかにします
iPS細胞由来の神経細胞における機能的結合性と同調性を分析します

MaxOneとMaxTwoは長期間の活性神経細胞のトラッキングを可能にします。結合性と同調性は以下から抽出できます:

  • ネットワークバーストの特徴(バースト周波数、長さ、振幅など)
  • 神経細胞のスパイク列におけるペアワイズ相関
  • 選択的電気刺激に対する反応

細胞の成熟度と興奮性を精査します
同時に何百というiPSC由来神経細胞の軸索側枝に沿って活動電位伝播を研究します

 

MaxOneとMaxTwoは高信号品質と前例のない時空間解像度で神経細胞の活動をとらえ、軸索に沿って活動電位伝播を追跡することが可能です。

  • 数日に渡って単一ニューロンの軸索の活動電位伝播を観察します。
  • 軸索の伝導速度を解析します。
  • 健康な細胞と疾患モデル細胞の軸索の活動電位伝播を比較します。

 

 

パンフレットをダウンロード

Contacts






Albisriederstrasse 253
8047 Zurich, Switzerland

+41 44 244 24 24

info@mxwbio.com