脳スライス

MaxOneを用いた脳スライス実験 Brain Slice Studies

MaxOne Brain Slice Study

MaxOneは研究者に生体外インタクト脳ネットワークをラベルフリーで分析することを可能にします。

  • 急性脳スライス
  • 器官型脳スライス培養とオルガノイド
  • 生体外脳サンプルの作成 (例 亀の眼球ー脳のサンプル)

MaxOneの詳細はこちら
パンフレットをダウンロード

プロトコル

記録のための急性脳スライスサンプルの作成

  1. 解剖そしてスライス後、脳スライスを人工脳脊髄液(ACSF)内で、30-45分間、35度に保ち培養します。その後、記録するまでスライスを室温に保ちます。
  2. MaxOneアレイ上に急性スライスを置き、ピペットで可能な限り液体を吸い取ります。組織ホルダーでアレイ上の組織を軽く押し平らにします。膜が組織に接触しているか確認してください。
  3. 急性スライスをカルボゲンを充填した人工脳脊髄液(31-33度)を灌流させます。実験中、人工脳脊髄液の灌流を続けます。
  4. 解剖後4-6時間以内に、高密度微小電極アレイで記録および刺激実験を行います。

人工脳脊髄液の含有物(単位mM):

塩化ナトリウム 125、塩化カリウム 2.5、リン酸二水素ナトリウム 1.25、硫酸マグネシウム 1.9、グルコース 20、炭酸水素ナトリウム 25

このようなことができます

単一神経細胞およびネットワーク全体のフィールド電位の捕獲

MEA上の活性神経細胞から高品質信号の記録

MaxOneは神経細胞活動を高い時空間解像度で多重スケールで記録することが可能です。

Signals MaxOne Brain Slice

  • 局所フィード電位とスパイクの両方をインタクトブレインネットワークから同時に検出することができます。
  • 低ノイズ信号は実験から浮かび上がる神経活動の特徴の抽出を促進します。

Waves Brain Slice

  • 脳全体のフィールド電位伝播を捕らえ解析が可能です。

細胞とシナプスを介したつながりをラージスケールマッピング

脳組織内のすべての活性神経細胞の活動電位空間場、軸索突起およびシナプス後の信号を抽出、解析します。MaxOneは脳スライス内のスパイクしている神経細胞を検出し、電気的な刺激によって細胞神経活動を誘発することが可能です。

Cerebellar Brain Slice

  • 脳スライス上でスパイクするニューロンを検知することで神経活動マップを抽出できます。
  • スパイク頻度

Spiking Turtle Brain Slice

  • シナプス後の事象はスパイク後の緩やかな +/- シグナルで表したスパイク誘発の平均化によって明らかになります。(M. Shein-Idelson 他, Nature Methods, 2017)

MaxOne 組織ホルダー

TIssue Holder Brain Slice

MaxOne組織ホルダーはMEA上の脳スライスを平坦にすることで、安定した再現性のある実験を可能にしますに。細胞ホルダーは灌流溶液下で実験中、MEA上に組織を押して平らにし固定し続けることができます。

詳細はこちら

論文–

脳スライスの応用分野

Accurate signal-source localization in brain slices by means of high-density microelectrode arrays

Obien, Marie Engelene J; Hierlemann, Andreas; Frey, Urs

Accurate signal-source localization in brain slices by means of high-density microelectrode arrays Journal Article

Scientific Reports, 9 (788), 2019.

Abstract | Links | BibTeX

Large-scale mapping of cortical synaptic projections with extracellular electrode arrays

Shein-Idelson, Mark; Pammer, Lorenz; Hemberger, Mike; Laurent, Gilles

Large-scale mapping of cortical synaptic projections with extracellular electrode arrays Journal Article

Nature Methods, 14 (9), pp. 882–889, 2017, ISSN: 1548-7091.

Abstract | Links | BibTeX

High-density Mapping of Brain Slices Using a Large Multi-functional High-density CMOS Microelectrode Array System

Viswam, Vijay; Bounik, Raziyeh; Shadmani, Amir; Dragas, Jelena; Obien, Marie Engelene J; Muller, Jan; Chen, Yihui; Hierlemann, Andreas

High-density Mapping of Brain Slices Using a Large Multi-functional High-density CMOS Microelectrode Array System Conference

19th International Conference on Solid-State Sensors, Actuators and Microsystems (TRANSDUCERS) Kaohsiung, Taiwan, 2017, ISSN: 2167-0021.

Abstract | Links | BibTeX

Multiple single-unit long-term tracking on organotypic hippocampal slices using high-density microelectrode arrays

Gong, Wei; Sencar, Jure; Bakkum, Douglas J; Jäckel, David; Obien, Marie Engelene J; Radivojevic, Milos; Hierlemann, Andreas

Multiple single-unit long-term tracking on organotypic hippocampal slices using high-density microelectrode arrays Journal Article

Frontiers in Neuroscience, 10 , pp. 1-16, 2016, ISSN: 1662453X.

Abstract | Links | BibTeX

Microelectronic system for high-resolution mapping of extracellular electric fields applied to brain slices

Frey, Urs; Egert, Ulrich; Heer, Flavio; Hafizovic, Sadik; Hierlemann, Andreas

Microelectronic system for high-resolution mapping of extracellular electric fields applied to brain slices Journal Article

Biosensors and Bioelectronics, 24 (7), pp. 2191-2198, 2009, ISSN: 09565663.

Abstract | Links | BibTeX

Contacts








Mattenstrasse 26
4058 Basel, Switzerland

+41 44 244 24 24

+41 61 551 10 71

info@mxwbio.com