MaxOne MEA システム

シングルウェルフォーマットの高密度微小電極アレイシステムMaxOne。MaxOneは起電性細胞の記録と刺激を同時に可能にする非常に高性能な電気生理プラットフォームです。

製品概要

CMOS (Complementary Metal Oxide Semiconductor = 相補型金属酸化膜半導体)技術を基盤とした、MaxWell Biosystem社の高密度微小電極アレイMaxOneは神経科学や新薬の開発、及び細胞の分析などに応用されます。MaxOneにより先端組織の実験(脳切片、網膜など)及び長期培養実験における高精度のシグナルを観察するだけでなく、ひとつのシステムで最大4つの記録ユニットによって同時に記録することができます。

MaxOne HD-MEA(高密度微小電極アレイ)システムではMEAデバイスの容易でかつ振動のない差し込み、また培養細胞インキュベーター内での操作が可能です。アクセサリは灌流適合性に利用でき、高密度微小電極アレイ表面で正立顕微鏡を使ったサンプル検査も可能となります。すなわち、MaxOneはすべての生体外プレパレーションに応用できる高性能な高密度微小電極アレイです。

主な特徴

  • 電極数(9.3×5.45 sq-μm, 17.5 μm ピッチ):26’400
  • 低ノイズ読取チャンネル数:1024
  • 刺激チャンネル数:32
  • 大きなセンサー部(3.85×2.10 sq-mm)
  • フレキシブルなアレイの再構成を可能にするスイッチマトリックス技術
  • 非侵襲性、ラベルフリー
  • 高解像度のアクティビティマップ
  • 軸索の活動電位の伝播をトラッキング
  • MaxLab Liveと付属のデーター解析ツールボックス

オプション

In the Package

* MaxLab Live Software Modules のページをご参照ください。

MaxLab Live

特徴

  • MaxOneのためのデータの記録および解析ソフトウェア
  • シンプルかつ直感的なユーザーインターフェース
  • オンラインのバンドパスフィルター、スパイク検出およびすべての活動チャンネルの可視化
  • スパイク現象と生のデータをHDF5ファイルフォーマットで保存
  • 活動電位と局部の電場電位を記録

データ処理

  • 豊富なデータ処理オプション
  • スパイクソーティング内臓
  • データの解析および視覚化のための付属のMatlab®およびPython™

サポート

私たちはMaxOneプラットフォームにおけるあらゆる側面でお客様をサポートいたします。経験豊富なスペシャリストが実験および解析ツールの組み立てをサポートし、MaxOneをお客様それぞれの実験装置で使用できるようお手伝いします。

Contacts








Mattenstrasse 26
4058 Basel, Switzerland

+41 44 244 24 24

+41 61 551 10 71

info@mxwbio.com